vol.25 20代女子に人気の徹底したパーソナライズ・サービスってどんなもの?

2019年4月13日に横浜みなとみらい21地区に完成した、資生堂の新研究開発拠点「資生堂グローバルイノベーションセンター(GIC・呼称「S/PARK エスパーク」)」は、館内にCAFE、Studio、ミュージアムなどを持ち、資生堂の新たな企業使命「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD (ビューティーイノベーションでよりよい世界を)」の実現に取り組む拠点である。

その中にあるパーソナライズスキンケアサービスを提供する「S/PARK Beauty Bar」は、資生堂の研究員がひとりひとりの肌を解析し、肌を健やかに保つ自分だけのスキンケアサービスだ。ひとりひとりの肌や好みに合わせた「マイコスメ(化粧水・乳液)」をその場で作れるほか、資生堂の商品を自由に試すことができる「コスメテーブル」、半個室で商品を試せる「コスメキャビン」を備えている。

マイコスメは事前予約が必要で、肌の解析結果をもとに、特別なトレーニングを受けたスタッフが館内にある工場施設でコスメを製造、後日自宅に届く仕組みになっている。価格は12,000円(税別・送料込)で、肌の解析やカウンセリングと、化粧水170ml、乳液130ml、美容箋、お試し用コットン8枚が含まれている。所要時間はおよそ120分で、問診、測定、撮影を経て商品の内容を決定し、診断後は半個室でメイク直しができる。1日2人だけが体験できる極上のサービスだが、予約サイトを見ると、受付可能な2ヶ月先までどの枠もキャンセル待ちの状態であった。

今回、このサービスが20代女性に人気があるという話を聞き、弊社の化粧品に詳しいAさん(20代)に実際にこのサービスを受けてみてもらい、結果を報告してもらった。とても面白い内容なので、彼女の個人的な感想をそのまま掲載することにする。


「自分だけのコスメを作れる」というこのサービス自体もそうなのですが、

Don`t copy text!